食用ほおずき「太陽の子」の苗

食用ほおずきはスーパーフードとして海外では非常に有名です。
ここ2、3年で日本でも名前が知られてきました。メタボ対策効果として非常に有効な「イノシトール」が豊富に含まれ、海外では美容や健康の為に食べられています。

しかも食用ほおずき「太陽の子」は、食用ほおずきの中でトップクラスに甘い品種です!ナス科の野菜なのですが、その甘さはフルーツのようで糖度は12〜15度ほどにもなります。

さらに太陽の子は、非常にさわやかな酸味があり、甘みとのバランスが秀逸で、あと引く美味しさが大きな特徴です。

去年収穫したものの中から非常に美味しい実からだけ自家採種した種から栽培したもので、実際に農園で今年栽培する為のものと同じ苗となります。

※無農薬で栽培した苗です。


<栽培方法>
この苗は、本葉4枚前後の苗です。栽培方法は、ナス科なのでミニトマトとほぼ同じ栽培方法です。肥料や水は控えめにするといいと思います。

また、収穫時期に気温が高過ぎると熟さずに実が落ちてしまうので、地域によって栽培するタイミングに気をつける必要がありますが、気温が下がる秋〜冬にかけて、よく熟した実がとれるようになります。

霜が降りると枯れてしまいますが、比較的寒さに強い作物です。

背丈は露地栽培なら2mほどになります。実の大きさは小さめになりますがプランターなどでも栽培可能です。プランターの場合背丈も低くなります。

<収穫>
収穫は実を覆う袋の部分が薄い茶色に枯れたものを収穫します。
そして、そのまま一週間程おくと追熟され、青臭さが抜けて、甘くて美味しい食べ頃になります。
販売価格 540円(税40円)